会社説明 Corporate explanation

カワキタは創造する心を大切にするモノづくりのプロとして、お客さまを全力でサポートいたします。

社長写真

 

   昭和21年の創業以来、セルロイド~プラスチック用金型製作、射出成形、

そして現在では、ファブレスメーカーとして歩んでまいりました。

「創造するこころ」を大切にしながら日々モノづくりに取り組んでおります。

 

   自社の保有型を豊富に持ち、お客さまのご要望にお応えすべく、

製品開発に力を入れ、企画提案型のソリューション営業を目指しています。

また、お客さまとは、製品の企画段階から打ち合わせすることにより、

スムーズな進行、アドバイス、カワキタならではのスパイスの効いたアイデアを加味し、 売れるモノづくりのお手伝いをさせていただいております。

 

   日本と中国を生産の拠点に、それぞれの特徴を活かしたモノづくりを

行なっており、 様々なニーズにお応えすることをお約束いたします。それは、優れたパートナー工場と組むことにより、プラスチック製品にとどまらず、

縫製品、ぬいぐるみなどもトータルで提供できるということでもあります。

中国工場の管理はカワキタにお任せください。

 

   まずは、お困りのことがございましたら、お気軽にカワキタにご相談

ください。ワクワクするモノづくりのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

 

 

代表取締役社長 河北 一朗

会社概要

商 号 株式会社カワキタ
所在地

〒577-0843 大阪府東大阪市荒川2丁目4番6号

TEL. 06-6723-0002(代)

FAX. 06-6728-5438

E-mail post@k-kawakita.com

設 立

昭和39年9月1日(創業:昭和21年5月24日)

資本金 1,000万円
事業内容

・キャラクター雑貨、文具、ランチグッズなどのOEM、ODM

・METAPHYSブランドの企画・製造・販売

・daccolinoブランドの企画・製造・販売

・東大阪ブランド認定商品の企画・製造・販売

・「ギャルママ商品開発部」の運営

外観写真

交通アクセス

 

株式会社カワキタ

〒577-0843 大阪府東大阪市荒川2丁目4番6号

TEL. 06-6723-0002(代)

 

 

【 電車でお越しの方 】

近鉄俊徳道「荒川・三ノ瀬方面」出口から徒歩4分

JR俊徳道駅出口徒歩5分

近鉄布施駅「東南口」出口から徒歩10分

 

【 お車でお越しの方 】

無料駐車場有り

 

詳細地図(Googleマップ)


信条

1.つねに顧客の要望を先取りする営業と開拓に全力を尽くす
1.つねに顧客の満足を得る技術を養いその開発に創意する
1.つねに社員の長所を伸ばし和協一致の繁栄を図る

経営理念

1.私たちは、全ての人の笑顔のために、暮らしのスパイスとなる夢のある 製品作りを目指します

 「全ての人」というのは、職場の仲間、得意先、協力会社・取引先、消費者、家族、地域の人々など カワキタを取り巻くあらゆる人を指します。 「暮らしのスパイス」とは、料理にスパイスを振り掛けると味が引き締まるように、 生活の中でピリッと変化をもたらすという意味合いを持ちます。 「夢のある製品」とは、カワキタの製品を企画する、作る、販売する、購入する、所持する人たちが その製品に携わることで、笑顔になり、楽しくなり、夢を描けるようになるということです。 要するに、カワキタを取り巻く全ての人々に、製品を通して、笑顔になり、暮らしに夢を感じてもらいたい、 そういうモノ作りを目指していく、ということです。 

1. 私たちは、斬新な企画提案力と安心・安全な技術力でお客様の サポーター企業を目指します

常に、アンテナをビンビンにしてお客様や消費者の立場に立った企画・提案力を磨き、 メーカーとして長年培ってきた技術力と品質を時代と共に追及し、 全力でお客様をサポートしたいという願いが込められています。 「安心・安全な技術力」の中に品質という意味も含めています。 

1. 私たちは、モノづくりを通じて、ヒトづくりを実現します

 カワキタは今では工場を持っていませんが、創業時からのモノ作りの姿勢は今でも変わりません。 そのモノ作りを通じて、人間として社会人として会社と共に成長していく人材育成に力を注ぎます。 社員の成長こそが会社を大きくする原動力なのです。 

1. 私たちは、「人生ワクワク夢創造企業」を目指します

 カワキタで働く社員は、生き生きと人生を楽しみます。 一回しかない人生、夢を持って、その実現のためにそれに向かって進んでいってほしいと考えています。 そして、会社はその夢の実現のために支援をいたします。ワクワクできることを増やしましょう。 仕事もプライベート(家族、趣味など)も夢を持ち、ワクワクすることで充実した人生を送ることができるのです。 

1. 私たちは、地域活動を通じて未来の担い手である子供たちの育成に 貢献します

 カワキタの創業の地は、現本社があるここ東大阪市(当時は布施市)です。 夢のある製品作りをしている当社は、地域の子供たちが大きくなった時に、 「カワキタっていう会社があったなぁ。こんな会社で働いてみたいなぁ」 と働く希望を持ってもらえるような活動をしていきます。地域活動を通じて子供たちに カワキタを知ってもらうと同時に会社という存在を身近にして、地域社会に貢献していきたいと考えています。 

行動指針

1.人間としての基本がきっちりできる人になろう

あいさつ、お礼、謝罪など人と人が関わる上でのコミュニケーションの基本が当たり前にできる人になろう。

2.人のために喜べる人になろう

自分の成功やうれしいできごとを喜ぶのはあたりまえのこと。
他人のそれらを自分のことのように真に喜べる人になろう。

3.感動を創造しよう

全ての言動のなかに相手を感動させる要因が含まれているか。
一日一日仕事で感動を得られるように、また、与えられるように努力しよう。

4.感謝を素直に表せる人になろう

人になにかしてもらったら素直に言葉や行動で感謝を表現できる人になろう。

5.夢を持とう

小さくても大きくても「夢」を持つことで生活に張り合いがでる。
また、「夢」は実現させるためにある。 そのために今を精一杯努力する。
イキイキした人生を楽しむためにも夢は必要なもの。

6.自分の中のナンバーワンを作ろう

なんでもいい、他人に負けないみんなが認めてくれるような自分のナンバーワンをみつけよう。
また、ナンバーワンを作る努力をしよう。

7.人のために進んで動ける人になろう

自分のために動くのはあたりまえ。他人のために動ける人はすばらしい。
それは、将来絶対自分に帰ってくるのだから。

8.一日に全力を尽くそう

その日に、持っている力を100%出し切って、常に全力疾走を心がけよう。

9.プロフェッショナルとしての自覚を持とう

給与をもらってる以上、その道のプロである。プロとしてなすべきことはなんなのか?
常に問題提起とプロ意識を持って仕事に取り組もう。

10.ワークライフバランスの充実を図ろう

カワキタならではのWLBを充実させ、一度しかない人生を楽しもう。
プライベートが充実していないと仕事もがんばれないし、またその逆もしかりで、 仕事が充実していないとプライベートも楽しめない。

11.プラス思考人間になろう

人は気持ちの持ち方でどのようにでもなれる。常に前向きに考えれば道は開ける。

12.自分を好きになろう

長いようで短い人生、人とは色んな出会いや別れがあるが自分とは一生のお付き合い。
母親が産んでくれた自分自身をまず好きになろう。

13.相手の立場で言動できる人になろう

常に相手の立場、気持ちを考えて仕事をしてみよう。ひとりでできる仕事は限られている。
お互いが気持ちよく仕事を進められる秘訣がここにある。

14.たくさん遊ぼう

仕事の反対は遊び。仕事も真剣、遊びも真剣。
いっぱい遊ぶことで仕事もイキイキ楽しめるのだ。

15.まずやってみよう

失敗を恐れず、まず行動に移そう。そうすれば、何か見えてくるはず。
ほら、迷ったら進めましょ。

16.笑顔を心掛けよう

社会は人と人と接することで成り立っている。笑顔がステキな人は素晴らしい。
まず、自分から笑顔で人に接することで、相手の気持ちも変わるはず。
最高の笑顔が自然と出せる人になろう。

17.自分に投資しよう

一番簡単で確実にリターンが期待できる投資がこれ。
ひとりひとりが自分を高めることで会社も成長する。
社員の成長なくして会社の成長はありえない。
人間一生勉強なのだ。

18.なぜ?の気持ちを持とう

子供は好奇心のかたまり。常に「なぜ?なぜ?」の気持ちを持つことで新しいことを吸収していく。
大人になった今でも恥ずかしいことなんかない。問題意識を持つように心がけよう。

19.プラスのストロークを発信しよう

コミュニケーションにはプラスとマイナスの投げ掛けがある。
いつも意識して相手にはプラスを投げ掛けてみる。
そうすれば、必ず相手からもプラスでかえってくる。

20.常に100%の力を出そう

今、その時に自分の持っている力をめいっぱい出そう。
一生懸命やってれば相手にもみえるし、手を抜けば相手にもわかってしまう。

21.求めるのではなく与えることのできる人になろう

人に要求するのではなく与えられる人、依存型ではなく自律型人材になる必要がある。
自律型人材とは、『時代や環境の変化に適応しながら自分でモチベーションを保ち、 自らの頭で考え、行動する人材』のことを言う。自律型人材は自分で人生を切り開き、 自ら成長し周囲の人まで巻き込んでいく人のことである。

22.変化・失敗を恐れるな

変化を好まない人は多いのかもしれない。 だが、変化を恐れずにチャレンジする気持ちと行動力を持って業務を遂行してほしい。 時代の変化、仕事の変化に柔軟に対応できる人になろう。 失敗を恐れて何もしないより、失敗をしてもいいからやるほうがいい。 その失敗も必ず自分にプラスになるはず。

23.仕事とは作業ではない。常に考え、常に工夫し、今より改善することである

現状否定の気持ちを持って、頭を使って日々業務を遂行しなければ進歩はない。
作業とは「決められた事だけを行なうこと」
仕事とは 「決められた事+自分の考えを取り入れること=新たな価値創出に取り組むこと」
作業はどんな職場でも必ず発生する。 注意しなければならないのは、本来「仕事」であるべきものが「作業」になっていないかだ。

24.迷ったら行動しよう。行動しながら考えよう

人間誰しも迷う時はある。でも迷ったことで止まっても時間は経っていく。 迷っても前に進もう。動いたら見えてくることもある。

社内風景

社内風景
社内風景

沿 革

昭和21(1946)年5月 河北藤作 現在地においてセルロイド用金型製作を個人創業
昭和36(1961)年9月 プラスチック成形部門を併設

 

昭和39(1964)年9月

河北工業株式会社設立 資本金100万円

河北藤作 代表取締役に就任

 
昭和44(1969)年5月 資本金350万円に増資
昭和54(1979)年10月 河北勝彦 代表取締役に就任
昭和59(1984)年12月 成形・金型部門 廃止
昭和60(1985)年1月 新社屋竣工(3階建)
平成5(1993)年9月 株式会社カワキタに社名変更(CI.導入)
平成5(1993)年11月 資本金1,000万円に増資
平成6(1994)年10月 新社屋竣工(4階建)
平成8(1996)年1月 台湾企業と取引開始
平成11(1999)年11月 中国企業と取引開始
平成16(2004)年11月 韓国企業と取引開始
平成18(2006)年9月 香港事務所開設
平成19(2007)年11月 河北一朗 代表取締役社長に就任
平成21(2009)年9月 【新経営理念】制定
平成21(2009)年9月 WLB、3S、マナー向上委員会発足
平成22(2010)年9月 クレドカード作成
平成22(2010)年12月
LOOKER会再発足
平成23(2011)年7月 カワキタ製品が「東大阪ブランド」に認定される
平成23(2011)年8月
ギャルママ商品開発部発足
平成25(2014)年4月
イクメン商品開発プロジェクト発足
平成26(2015)年2月 東大阪CSR経営表彰受賞
平成26(2015)年6月

3Dプリンター導入

平成27(2016)年9月  マナー向上委員会がクレド推進委員会に再編成
平成27(2016)年10月  daccolinoが東大阪ブランドOnly1製品に認定